雨戸・戸袋の塗装メンテナンス工事|神奈川県相模原市内のT様邸にて塗り替えリフォーム中

光栄創建の作業日記をご覧頂きありがとうございます😊

代表の片山です👷🏻✨

今回も引き続きになりますが、神奈川県相模原市のT様邸で進めている塗装工事中の様子を紹介いたしますね🎵

【前回の様子】モルタル外壁の上塗り塗装(主材2回目の塗布)|神奈川県相模原市内のT様邸にて塗り替えリフォーム中

雨戸・戸袋の塗装メンテナンス工事

この日は外壁塗装に伴い雨戸・戸袋の塗装メンテナンスを進めました。

写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、変色や色あせが見受けられたため、塗装を検討するべきタイミングでした。

ちなみに雨戸・戸袋の塗装を行う最大の目的は、部材の劣化を防ぐためです。

このまま放っておくと劣化が進行して錆が広がってしまう恐れもあるため、防水性や美観を回復させるためにも塗装メンテナンスを行います。

ケレン

塗装部分に発生している錆びや古い塗膜をこそぎ落として、塗装に適したコンディションに整える目的があります。

下吹き

ケレン後、ここからは本題の塗装工程へと移ります。吹き付け工法ではスプレーガンを使用し錆び止め効果のある塗料(錆び止め塗料)を塗布していきます。

上吹き

錆止め後、下吹きと同様にスプレーガンを使って主剤を塗布していきます。

雨戸が開閉しやすいように厚すぎず薄すぎない塗膜を形成するのがポイント。

以上、相模原市のT様邸で進めている塗装工事中の様子をお伝えいたしました!